ツナワタリマイライフ

日常ネタから技術ネタ、音楽ネタまで何でも書きます。

海外カンファレンスで話すということ

まだ何も終わっていないしなんなら準備もまだなんだけども。恐怖とか不安とかを逃避しようとしているのがよくわかるね。 たくさんフィードバックをもらって、スライド構成を見直して、不要なところをカットしたり新しい具体的な例を追加したりした。 20分。…

etcd clusterをVagrantで立ち上げる

はじめに 立ち上げた。 github.com vagrant upしてサービス起動すればいいようにはなっている。 coreosにしたかったがboxが見つからなかったのでubuntuにした。 雑記 systemdの設定ファイル内で環境変数を使うために EnvironmentFile でファイル指定した。IP…

「ソフトウェア開発者採用ガイド」を読んだ

はじめに 読んだ。 ソフトウェア開発者採用ガイド作者: Joel Spolsky,青木靖出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2008/03/20メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 8人 クリック: 121回この商品を含むブログ (57件) を見る 買ったきっかけはもう忘れてしまった…

ディスカッション中心のイベントSRE Sessionを開催しました

はじめに 開催しました! sre-lounge.connpass.com SRE Loungeという、各社SREが取組を共有する、プレゼンテーションメインの勉強会があります。これはこれで貴重な知見がたくさんあるのですが、やはり全員参加で、相互交流ができる会も欲しくなってしまいま…

"Graphic Recorder 議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書"を読んだ

読んだ。 Graphic Recorder ―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書作者: 清水淳子出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社発売日: 2017/01/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る クローズドでやっている勉強会で友人氏がこれ…

2019年1Q振り返りと2Q

なんか1Qどうするの表明もしてないしなんか年始に毎週ブログ書くとかいって書いてないしまぁそんなもんだよね。 1月から3月、冬休み明け気合を入れて、というのもあったし、単純にできることが増えた、というのもあったが、いい意味で忙しくできていたと思う…

"失敗から学ぶRDBの正しい歩き方"を読んだ

読んだ。 失敗から学ぶRDBの正しい歩き方 (Software Design plus)作者: 曽根壮大出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2019/03/06メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 知見の宝庫。著者の曽根さんが本書を書く理由を「知見を後の世代…

SLO: Service Level Objecive(2) from SRE Workbook Chapter2

blog.chaspy.me 次、Workbookを引っ張ってくる。 余談だが、SREになる前にいろんな(SRE / DevOps / Infrastructure as Codeなどに関係する)本を読み漁っていて、今になっていざ現実の課題に解決する場面になって引っ張り出すというシーンが多くなってきた。…

SLO: Service Level Objecive(1) from SRE 1st book

SLO, SLO, SLO. 言葉の意味は理解しつつも、実際に身をもって使うことができてない言葉だ。そんなこんなでいよいよSLOちゃんとやりますかねと言ったところでSLOってなんだっけってのを深いレベルでちゃんと理解しないとなと思ったので筆を執った次第。 重た…

SREのjob descriptionを眺めてみる(国内編)

海外編があるのかは知らない。 はじめに 最近job descriptionを見直す機会があったので、他社はどうなんだろうとふと思いついたので眺めてみる。 さて企業をどうチョイスするかという問題がある。SREのカンファレンスは国内にはないので、お世話になっている…

AWSのRegion Code(ap-northeast-1とか)をシュっと出すコマンドawsrc

はじめに 記憶力低下に伴い覚えきれないしもう何十回ググったかわからんのでカッとなって作った。 github.com まぁ全然gistで十分だった。bashです。みんなだいすきpecoです。 gif動画 なんやかんやこういうの作ったことなかったのでttyrecとttygifで作った…

「入門監視」の翻訳レビューに参加した

はじめに でましたね。 入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン作者: Mike Julian,松浦隼人出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2019/01/17メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 本当に良い本です。「監視…

2019年

2018年の目標は全然守れてなかったなー。 転職してバタバタのままバタバタだったって感じです。 冬休みちゃんと休んだので2019年はちゃんと生きるようにします。 Engineering SREとしてもっと「いい感じ」に。学習は英語主体に、スピードが落ちないように、…

Try "Istio on GKE"(1)公式ドキュメント編

はじめに App Meshも発表されたのでService Meshちゃんと動かしておこう、って感じです。 で、App Meshではなくさくっと動かせそうなGKE(慣れてる)で、親和性も高そうなIstioを試すことにします。 Istio on GKE Setup Istio on GKE | Istio on GKE | Googl…

入社して半年

blog.chaspy.me 経ってしまったので書く。 半年経ってできることは確かに増えた。作業のスピードも少しは早くなった。理解も少しずつ繋がってきた。 スペシャリティを発揮し、「お前にしかできないことは何よ?」に答えられるようになるまではもう少し時間が…

SRE Lounge#6で「The Site Reliability Workbook」について登壇してきました

はじめに こんばんは。10月の目標振り返りすっとばして今週終われば12月です。 登壇してきました sre-lounge.connpass.com The Site Reliability Workbook: Practical Ways to Implement SRE作者: Betsy Beyer,Niall Richard Murphy,David K. Rensin,Kent Ka…

Active StorageでGoogle Cloud Storageに画像を保存する

はじめに ホビープロジェクトでモバイル向けのシンプルなTODOアプリを作ることになりました。TODOといえばWebアプリサンプルのド定番だけど、本当に自分にあった使えるものを作ってきっちり公開まではやろうと思ってます。それは置いておいて、サーバサイド…

Twitterのお気に入りをインクリメンタルサーチするサービスfavsearchを作った

はじめに 作った!バーン! http://favsearch.chaspy.me リポジトリ github.com 今回もqsと同じく仲良し@kamontiaと作りました。 なぜ作ったのか favってひとによって使い方違うと思う、ラフにハート送るために使ってるひともいれば、ブックマークがわりに(…

2018年10月目標

なんか9月張り切ったので少し休むというかパワーバランスを変える。 特に10月はイベントの予定もないので、登壇とかイベントはおやすみで、自主主催のクローズド勉強会でも発表はなし。 で、OSS活動の割合も減らす。ちょっとずつはやるつもりだけど、先月よ…

2018年9月振り返り

なんかいろいろあったな、 blog.chaspy.me 概ねここに書いたことはできたと思う。書籍で進化的アーキテクチャとクリーンアーキテクチャは読めていない。その代わりに以下が読みかけって感じ。 Kubernetes完全ガイド (impress top gear)作者: 青山真也出版社/…

Pull RequestがMergeされたらBranchを削除するGitHub AppをAWS API GagewayとLambdaで作った

はじめに 作った。 github.com appのinstallはこっち github.com めっちゃ単純な図。最近噂のdraw.ioで書きました。良い。 あと一緒に作った@kamontiaがQiitaに記事書いてくれました。 qiita.com めんどくさいの認証まわりぐらいだと思うので、その辺はこの…

ISUCON8反省会

いろいろと考えないといけないこと、アウトプットしないといけないことが溜まってるわりに、やっていきがあふれていたので月末の日曜にがっつり消化している感じ。 ISUCON8に出た。 見ての通り、まぁ準備不足(過去問を解いていない)なのに何を言うかという…

入社して3ヶ月

前回 blog.chaspy.me 3ヶ月経って書くと過去の僕が言っているので書くが、正直この頃期待していた課題は解消できていない。また、周囲の期待を明確に話した訳でもないが、期待以下となっている。 問題は新しいことの学び方より、既存システムの理解だ。 これ…

Ubuntu18.04でH2OとNginxをベンチマークする環境構築

ベンチマークした、とまで胸張って言えないのがアレなんですが。 エントリとしてまとめてないのですが、先日ISUCON8に参加しまして、見事に役に立たなかったという話がありまして。 クローズドの勉強会でISUCONってのがあるんだよーってシェアしました。 で…

Git squashを簡単にするコマンド「qs」v1.0.0をReleaseした

github.com はい。もはや3回目ですね。 blog.chaspy.me blog.chaspy.me CHANGELOGを見るに今回はたいしたことしてない。本当に。ドキュメントとか。コメント消したりとかぐらい。 で、明日クローズドの勉強会で僕ではなく@kamontiaが発表するのだけれど、僕…

「Docker / Kubernetes 実践コンテナ開発入門」を読んだ

Docker/Kubernetes 実践コンテナ開発入門作者: 山田明憲出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2018/08/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 読んだ。雑に記録。 1-3章はDockerについて。ふむふむと軽く目を通した感じ。 ところでdo…

gitで複数のコミットをまとめるコマンド「qs」のv0.2.0をReleaseした

前回 blog.chaspy.me した。 github.com qsのまじめな解説はOwnerの@kamontiaが書いてくれている! qiita.com で、gihub-changelog-generatorで生成したCHANGELOGを眺めるに、まぁ前回のリリースの時に気になっていたことは結構消化できていて、まずはMVPと…

2018年9月

なんか元気が出てきたからか急に忙しくなってきた予感がするので何するんだっけ何したいんだっけ本当にできるんだっけって感じでいったん書いて落ち着くということをしようと思う。 先月 8月、なんか元気が出てきたので目標達成ってことにしよう。 blog.chas…

複数のコミットをsquashするコマンド「qs(quick squash)」を作った

前回書いたこれ、がv0.1.0 releaseされた。 blog.chaspy.me コマンド自体のまじめな解説は作者の@kamontiaが書いてくれてる。 qiita.com このエントリではどちらかというとこのOSS作りで感じたことを中心に綴りたいと思う。 OSSを作ってリリースすること 実…

友人とOSSを作っている

まだ1st releaseまでこぎついてないので、キリのいいところでまたエントリーを書こうと思うけど、とりあえず今の段階で文章を書きたくなったので何か書く。 Go言語で、gitのsquashを自動化するCLIツールを作っている。 自分はよく、ブランチを切って、WIPでP…